仕事

「お前はどうしたいんだ?」に「どうしたらいいかわからない」

「お前はどうしたいんだ?」に「どうしたらいいかわからない」

「お前はどうしたいんだ?」上司からこんな言葉を掛けられたことはないだろうか。当の本人からすれば「どうしたらいいのかわからない」としか言いようがない。

「お前はどうしたいんだ?」と言われるとちょっと詰められた気分にもなるし、気分は悪い。僕自身この言葉を言われたことはあるし、なんだか面倒な言い方だなと思った。

 

 

「お前はどうしたいんだ?」の正体

この「お前はどうしたいんだ?」の正体はなんなのだろうか?

その時々シチュエーションによって込められた意味は若干変わるだろうが、部下に当事者意識を持ってもらいたい時に使うことが多く、主体性に欠けているのだろう。

要は「指示通りやりましたけど、次はどうしますか?」なんてやり取りを延々と繰り広げるより、「指示通りやりました、あと●●だと思うので次はこうした方がいいと思いますが、如何ですか?」と自分の考えを主張してくれた方が、仕事を任せやすい人間だ。

 

 

部下からすれば、自分に求められていることを理解するのは難しい

部下には目線を上げ「当事者意識」という気持ちはわかる。けれどそれは結構難しい要求だ。

なぜなら、当事者意識を持つには、与えられた役割、期待されていることや責任の範囲を理解する必要があるからだ。

「空気を読め」、「自分で考えろ」、「分かってない」などと一方的にぶった切るのも酷ではないだろうか?

皆が皆勝手に、上司の目線で物事を考えられるようになる訳ではない。

お前は何がしたいの?という問いに回答できるような育成はしているのだろうか?

あまりにも、実践の場でいきなり求めすぎているケースもあるように思える。

もちろん、ビジネスというのは瞬発力が求められるから分からなくもないが、そもそも上司側が言語化して解を出すことができない未熟者なのかもしれない。

なぜそう思うかというと、僕自身が未熟者でありながら部下と向き合わず、上司という権威を利用して「何がしたいの?」と問い詰めたことがあるからだ。

更に、自分がなぜそうしたかというと、周りもそうしていたからだ。

部下を理解せず、あまりに一方的に「お前はどうしたいんだ?」と問うケースは悪手である。

 

 

「お前はどうしたいんだ?」の回答は「提案」

これもケースによるのかなと思うんだけど、「お前はどうしたいんだ?」に対する回答は「提案」になると思う。

自分の考えを述べれば良いのだけど、言葉のニュアンス的に「提案」の方が適していると考える。

提案というのは、課題を定義して、課題の解決方法とディティールを述べるものだと思っているが、このスタイルで臨めばまあまあ悪くない結果になるだろう。

このやり方であれば、それなりに筋が通る意見が提示できるはずだ。

お前はどうしたいんだ?のケースでは、100点満点の回答を期待されることばかりではなく、「しっかりと自分なりの考えを持っているか?」試されていることも多い。

そして、「自分なりの考え」というものは、ただの感想になりがちだ。

ビジネスの場で、ましてや自分の意見を言う時には、相手にとって聞くに値する情報を発信する必要がある。

部下側も、上司からの無茶ぶりだったとしても、ある程度意図を汲んで、しっかりと対応してあげた方が良い。

その方がメリットはあるだろうなと感じる。