ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニア 働き方 【在宅という選択肢は?】

ネットワークエンジニア 働き方【在宅という選択肢は?】

昨今、話題の働き方改革。「テレワーク」というキーワードも良く目にするようになった。職場から物理的に離れた環境で仕事を行うことを意味このテレワーク。もし、テレワークが許されるのであれば、在宅勤務も可能だ。

では、ネットワークエンジニアという職種の場合、在宅勤務は現実的なのだろうか?

 

 

ネットワークエンジニアの働き方 在宅という選択肢は可能か

ネットワークエンジニアの働き方 在宅という選択肢は可能か

職場に遅刻せずに向かうために朝早起きをし、満員電車で体力を奪われ、やっとの思いで職場に到着したら、これからが本番。すでに疲れた心身で仕事をし始める…

それよりも、朝ゆっくりと起きて、十分な気力と体力で仕事に向かうことができる在宅勤務。

誰しも一度は「在宅勤務できたらなぁ」と思うことだろう。

ネットワークエンジニアはIT系の仕事だし、もしかしたら在宅勤務しやすいのでは?と思うかもしれない。

結論から言うとネットワークエンジニアは在宅勤務は難しいだろう。それにはいくつか理由がある。

  • チームで業務をこなす
  • ネットワーク機器を扱う上でリモートが難しい

詳細について、下記で解説する。

在宅が難しい理由① チームで業務をこなす

ネットワークエンジニアが所属する会社の多くは顧客からの業務委託される。そして自社のみならず他社との協力体制のチームを結成して業務をこなすことが少なくない。

客先常駐が多いSierなら尚のこと。何せ「客先常駐」が基本だからだ。

客先では他社や客先の関連部署とチーム内でのコミュニケーションを密に取りながら仕事をすることになるし、自分達ばかりがテレワークをするわけにもいかないと体裁としてよろしくないという考え方も少なくない。

こういった事情もあり、在宅で業務をしたいと言っても良い返事ももらえることは少ないだろう。

確かにチャットツールを用いたコミュニケーションやVDIなどリモートから社内環境にアクセスするための手法は増え、ひと昔前よりも確実に在宅勤務可能な状況ではある。

隣にいる仲間に声を掛ける方がコミュニケーションが捗るのは想像し易いはずだ。

今後は在宅勤務も許される職場も増えてくる可能性は十分にあるが、現在はまだまだネットワークエンジニアが在宅勤務可能な状況になっているとは言い難い。

在宅が難しい理由② ネットワーク機器を扱う上でリモートが難しい

もう一つはネットワーク機器を設定作業は中々自宅では難しい。

一度、telnetやsshなどの設定して、リモートログイン可能にしておき、踏み台等にリモートからのアクセスがセキュリティ上許されているのではあれば、別に自宅からでもネットワーク機器の設定は可能だ。

ただし、機器の外観を確認したり、一度設定を初期化したり、ケーブルを接続したりするなどの物理的な作業も多い。

特に検証や構築などの工程ではネットワーク機器のある現地に行かざる得ない状況が多い。

オペレーションミスやトラブルにより、リモートログインできなかった場合、コンソールログインで対応しなければならないこともハードルを上げている。

パソコン1つで作業可能なプログラマーと比較するとネットワーク機器を扱うネットワークエンジニアの在宅業務のハードルが高いといえるだろう。

 

 

在宅は無理でもフレックスタイムを導入している企業はある

上記のように在宅勤務は難しいというのが、ネットワークエンジニアだが、「フレックスタイム」を導入いる企業の方が現実的だろう。

Sierでも大手の方がフレックスタイムを導入していることが多い。僕が以前勤めてたSierもフレックスタイムを導入していたので、通勤は結構楽だった。

中小企業のSierの場合は、客先常駐で食いつないでおり、その出勤時間は常駐先に依存してしまいがちだ。

もし、ネットワークエンジニアで比較的自由に勤務したいのであれば、フレックスタイムを導入企業を狙うのも一つだ。

ただし、毎日のようにフレックスで勤務できる企業ばかりではないので注意した方が良い。例えば、週に一度だけなど条件付きの場合もあるので、就業規則はキチンと確認した方が良いだろう。

 

 

さいごに

各企業が働き方改革に注目している昨今、働き方はより柔軟になってくるだろう。

フレックスタイムを利用したことがある個人的な経験からも、「適度」にゆるい働き方できるということは、仕事に対するパフォーマンスにおいてプラスになることも多い。

最大限のパフォーマンスを発揮できる環境に身を置くことは、自身の「成果」と「成長」にもつながるだろう。

決して楽できるからという理由のみだけではなく、自身のキャリアのためにも、働きやすい環境に身を置くことを推奨する。