お金

【定年まで働きたくない】金を増やし給与所得以外の収益を得る

定年までサラリーマン、またはOLとして働きたい人ってどれくらい居るのだろうか?でも脱落も許されないのは十分わかっているはずだ。

僕はひっそりと定年まで働かない道を目指している。

本職はネットワークエンジニアであり、その仕事のやりがいも楽しさも分かっているが、サラリーマンとして、時間と体力というリソースを会社に捧げ、給料をもらうということを10年以上やっていると飽きてくる。

それにマイペースな性格もあり、「使われる」感覚から解放されたいし、電車通勤も面倒だ。

じゃあ他の手段は何かというと、時間と体力を注ぎ込むしない給与所得という道を以外の何かを確立するしかない。

もちろん、なかなか難しいけどやらないよりマシだろう。

そうなってくると手持ちのお金を増やす必要がある。

 

 

【定年まで働きたくない】金を増やし給与所得以外の収益を得る

定年まで働かない。そうなる道は限られている。それは「給与所得以外で所得を得る」という道を目指すべき。

じゃあ何で稼ぐのかというと例えば下記のようなものだろうか。

  • アフィリエイト
  • せどり
  • 投資
  • 起業

手持ちの金を増やした方が良い理由は、アフィリエイトを除き「種銭」が必要になるからだ。

下記で深掘りしていく。

金を掛けずに始められることが少ない

例えば、ブログやウェブサイトを利用したアフィリエイトは始めようと思えば少額でスタートできる。

掛かる費用はレンタルサーバ、ドメイン取得、書籍やnote勉強教材、Wordpressのテーマくらい。

レンタルサーバは月に1,000円程度でドメイン取得は1年で数1,000円、勉強のための書籍やnoteは人それぞれになるだろう。Wordpressのテーマは有料のもので10,000円程度。

おおよそ、数万円からアフィリエイトは始められる。

しかし、その道は多くの人にとって険しいだろう。

最初はその数万円を回収するのすら苦労することが多い。

その証拠にインターネット上にはアフィリエイト収入を目指したが夢半ばで諦めたであろうブログが散乱している。

少額でスタートできるし、まずは気軽に思考のアウトプットがてらやってみることをおすすめする。

過度な期待は禁物。

そして、アフィリエイト以外でいうと正直収益を得るためのガソリンとなるお金(種銭)が必要になる。

種銭を貯めて資産を作る

上記で説明したアフィリエイトは比較的初期費用が少なく種銭は数万円で済むという話をしたが、投資などは始めるためには、より多くの「種銭」が必要になる。

例えば、株式投資を例にしよう。

個別株は非常にハードルが高い。初心者が手を出したところで、怪我するだけだ。

となると投資信託やETFなどになるが、ある程度札束で殴るようなゲーム展開が必要になる。

優秀な投資信託やETFと言われるものでさえ、年利数%の世界。100万円投じたところで、年間で数万円稼げるだけ。

ある程度の初心者が投資でお金を稼ごうと思ったら、そのためにはお金が必要なのが分かるだろう。

もちろん、マーケットによっては、下落する年もあるだろう。(年収がマイナスになる!!)

このように「種銭」が如何に手元にあるかが重要になる。

つまり、株式投資でサラリーマンを脱却したいのであれば、お金をどれだけ早く貯めるかが重要になる。

無駄な消費、不要な付き合いなどをことごとく削り、種銭を作る覚悟が定年退職まで働きたくない凡人のやれる唯一の道であると言えるだろう。

 

 

【定年まで働かない】いばらの道

上記までの内容で大変さが伝わったのではないだろうか?

サラリーマンやOLはそこにいるだけで、「一定の収入を得る」ことができる。これは素晴らしいことだ。

上記で説明した種銭という財力の問題だけではなく、アフィリエイトにしてもせどりにしても自分の能力が低ければ、もろに収入に差し支える。

「富は平等に分配される訳ではないのだな」と実感することになる。

そう、どの世界にもプロはいて、そのプロ達をかいくぐり利益を得るために戦略を立てなければならない。

ブログやサイトアフィリエイトもGoogleというプラットフォームに依存する。Google検索に上位表示されなければ、高収入は望めないことも多い。

折角、自分のサイトGoogle検索の上位に表示されたと思っても、Googleの検索アルゴリズムが変動すれば、努力が水の泡。

投資にしても、仮にリーマンショックのようなことが起これば、資産は激減する。

つまり、せっせと種銭を貯めて、継続して努力をしてようやくどうにか食っていけるようになる世界。

本当にサラリーマンやOL以外の道を目指すべきなのか?冷静になって考えてみた方が良いだろう。