ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアのCCNAと実務【役に立つのか?!】

ネットワークエンジニアのCCNAと実務【役に立つのか?!】

業界未経験の人がネットワークエンジニアになるためにCCNAを取ったり、新入社員であれば、会社に入社してから研修の一環として、CCNA取らされたりしていると思う。

資格を持っているだけでは実務をこなすにはやはり難しいし、勉強はこれからも必要になる。ではCCNAという資格は実務で役に立つのか?その疑問に答えていきたい。

 

ネットワークエンジニアのCCNAと実務

ネットワークエンジニアのCCNAと実務

「CCNAを取ったからといって技術的に十分か?」といわれれば、不十分と答える。

「じゃあ、CCNPなら十分?」というのも違う。

つまり、資格試験で必要とされる技術理解と実務で必要になる技術理解にはギャップがあるということだ。

確かにCCNAのような資格試験では技術を理解するにちょうど良い。ただし、理解した技術を実際のネットワークでどのように使っているかよく分かっていない状態にある人が多いだろう。

僕もCCNAを取ってネットワークエンジニアのキャリアをスタートさせた。そして、現場に入ったらよくわからないことだらけだった。キャリア初期の苦労を振り返り掻い摘んでお伝えする。

  1. 適当に検証環境作ってと言われ、やってみればL2ループの構成になっていたり、ネットワーク構成をスタティックルートのネクストホップをどうすれば良いかわからなくなってしまったり。
  2. 現場のネットワーク構成がどうなっているか理解しておいてと言われ、ネットワーク構成図や設計書、コンフィグをみても、全く持って理解ができないし、理解できる予感がしない。

ひとつひとつの事になぜ?と疑問が残る、何が分からないのか分からない。大量の情報を処理できず悶絶する日々を過ごしていた。

それでも諦めずに何とか目の前の仕事をこなし、業務の合間に現場ネットワーク勉強するなど淡々と続けることで、少しずつ分かってきた。

このようにCCNAを持っていたとしても、ガチなネットワーク案件に入ると覚えなければならないことが山ほどある。

 

CCNAを取る意味はないのか?【絶対に取って損はない】

CCNAを取る意味はないのか?【絶対に取って損はない】

ここまでに記載した内容から「どうせ入ってからも苦労するし、CCNAを取る意味はないのか?」と疑問になってくるだろう。結論としては、CCNAは絶対に取っておいた方が良い。

確かに苦労はした。それでもCCNAを取っていた事で、スムーズに立ち上がることができたからだ。

逆に未経験で文系の人で、CCNAに限らずITの勉強をしてこなかった人は結構苦労すると思う。まず、ITの理解するための脳みそに仕上がってもいないので、業務と勉強の両立がクソ大変だろう。

仮にCCNAを取得していれば、現場に入ってからも覚えなければならないことはたくさんあるが、脳みそ的にもネットワークを吸収しやすく仕上がっているはずだ。

そして、IPアドレスってなんです?とかVLANってなんです?とかにはならないので、現場で覚える事の負荷がグッと減る。

そして、これは後から気付くことになるかもしれないが、現場のネットワークってCCNAの内容を正しく理解できていれば、割と理解できる部分も多い。

現場で使っている技術を調べてみるとCCNAのここの内容を使っているのかみたいなことは結構ある。

とにかく急いで、CCNAを取得してしまった人も一度CCNAで勉強してきた範囲を振り返って勉強してほしい。土台となるような技術のベースを形成することができる。その土台があってこそ現場のネットワークが理解できるようになる。そして、その積み重ねが良質な技術として自身の武器となり、自身のキャリアアップという形でリターンされてくる。

ネットワークを理解するためには、時間が掛かる。もどかしい思いをすることもあるだろうが、キチンと努力し続けることで、「分からないことが分かる」喜びを体験できるようになるだろう。この経験は決してお金で買えるものではなく、自身の努力のみが得ることができる。こうした成功体験がネットワークエンジニアのやりがいの1つだろう。

将来こうした素敵な体験ができるその足掛かりとして、まずはCCNAの勉強に集中してみてはどうだろうか?

そして、知識の定着には実機検証を推奨する。そのやり方については、こちらの記事を参考にしてほしい。

ネットワークエンジニアの勉強には検証することが近道

人は難しい壁にぶち当たると逃げたくなるし、「意味はあるんだろうか?」と疑問に思うことがある。要は現実逃避のフェーズであり、哲学者の如く悩んだところで歴史に名を残せる訳がない。そういったことで悩んだ時には、こちらの記事を参考にしてほしい。

CCNAを受講する意味とは何か?

なお、CCNA取得に掛けられる時間があまりない人はこちらの記事を参考にしてほしい。最短合格の助けになるはずだ。

【CCNA 対策】最短で試験を合格するには?