ネットワークエンジニア

CCNAを受講する意味とは何か?

CCNAを受講する意味とは何か?

CCNAを受験する意味は何なのだろうか?その意味を考えていきたい。CCNAを勉強したり、興味を持ってこれから勉強することを検討している人にとってはついつい気になる話題だろう。

 

 

CCNAを受講する意味とは何か? そのメリットは?

CCNAを受講する意味とは何か? そのメリットは?

CCNAを取得するメリットはいくつか考えられるが、ベタなので言えば下記の通りでしょう。

  • 未経験からの転職
  • 会社からの評価

未経験からの転職

CCNAは「Cisco Certified Network Associate」の略で、米国のネットワーク機器メーカーであるCisco Systems社が認定する資格だ。

CCNAを取得することで、「一定以上」のCiscoのルーターやスイッチに関する知識を有すること、基礎的なネットワーク技術があることの証明ができる

この日本においてもCisco製品のシェアは結構高く、実際に現場でも、ルーターやスイッチ、無線LAN製品などで見かけることが多い。

単なるベンダー試験に過ぎないが、圧倒的なシェアを誇るCiscoの試験であるため、市場価値の高い試験だといえる。

ちなみに各ネットワーク機器メーカーも認定資格がないわけではないが、よほどの事情がない限り、CCNAを取る方が賢いだろう。

ただし、このCCNAの価値がメチャメチャ高いかといえばそうでもないので、CCNAを取れば絶対にネットワークエンジニアに転職できるかといえば断言はできないので、過信し過ぎないようにしよう。

例えば、同じ世代のAさんとBさんがいたとする。

AさんはCCNAを「持っている未経験の人」、BさんはCCNAを「持っていない未経験の人」だとする。この比較軸であればAさんを採用される上で優位になるだろう。

絶対にAさんとは言い切れない。もちろん、未経験であったとしても、CCNAの有無だけで採用が決まるわけではない。

とはいえ、CCNAを持っていることで転職が優位になることに間違いはない。

会社からの評価

会社からの評価という点でもプラスにはなる。すべての会社でそうだと言い切れるわけではないが、毎年のように目標に何か1つ資格を取れと言われることがある。

その目標にCCNAの取得を掲げても良い。

場合によっては、入社1年目にCCNAを取得するように言われるところもあったり、新人研修の中で取得したりすることもある。

どちらかというと、会社としては、新人のうちにとって欲しい資格のひとつという位置付けだ。

そのため、CCNAを取ったからといって、メチャメチャ評価される訳ではない。

どちらかというと、持っていて当たり前的な感覚の方が言われることが強いかもしれない。

※個人的には未経験からCCNAを取得した努力には敬意を表したい

 

 

ネットワークエンジニアはCCNAを取得しなければならないのか?

ネットワークエンジニアはCCNAを取得しなければならないのか?

ネットワークエンジニアは皆CCNAを持ってのだろうか?

結論、「ノー」であり、CCNAのみならず、資格は一切ない(もしくは失効した)けれども、優秀なネットワークエンジニアはいる。

必ずしもとらなければならない資格ではない。

資格よりももっと重要なのは、「実績」だ。

ネットワークエンジニアは、医者や弁護士のように資格がなければできない職業ではない。

そのため、CCNAの有無の価値はある程度経験を積んでいくことにより、あまり意味のないものになっていく。

例えば、5年間ネットワークエンジニアとして設計や構築をバリバリこなしてきたエンジニアがいるとして、その人の実績とCCNAを天秤に掛けた場合、「実績」が圧勝する。

 

CCNAを取得して意味のある人は?

CCNAを取得して意味のある人は?

これまでの話からも見えてきたところはあるかもしれないが、CCNAを取ることでメリットのある人は限られる。

例えば、未経験でネットワークエンジニアに転職したい人はCCNAを絶対に取得した方がメリットが大きい。

これは、もちろん転職に有利という点もあるが、下記の記事でも紹介しているが、CCNAを取得しその内容を理解していることで、ネットワークエンジニアに実際に転職できた時に、スムーズに立ち上がることができる。

そして、未経験で入社して間もなく、CCNAを取得していない人もCCNAを取得した方が良い。

現場に配属されてしまうと、なかなか体系的学習する時間がない。ネットワークの知識はキチンと体系的学習する時間があった方が良い。

まとめ

この記事をまとめる。

CCNAを取得する意味は下記の通り

  • CCNAを取得することで転職する上で優位になるのは間違いないが、絶対に転職できるかは本人次第
  • CCNAを取得することで会社からの評価されるが、会社の想いとしては、早く取るべき資格であり、そこまで評価されない
  • ネットワークエンジニアだからといって、CCNAを取る必要はない。資格よりも「実績」の方が重要
  • 未経験でネットワークエンジニアに転職したい人や未経験で入社して間もない人はCCNAを取得することをおすすめする